忍者ブログ
放射性物質に対する最強メソッド
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「小食、微食、断食」のメリットに関して改めて強調しておきたいのは、
●食品を経由した放射性物質そのものの摂取を抑えられる
●放射能障害を受けにくい身体になる
●(仮)放射能そのものを生体エネルギー化できるかもしれない(仮)
●余剰の安全な食料を成長期の子供たち人々にまわすことができる
ということです。

放射能をぬきにして「小食、微食、断食」のメリットも当然あります。以下は私の実感です。
「小食、微食、断食」とは?で紹介した各種疾病への効果
●身体が軽くなる
●肌がきれいになる
●感覚が鋭くなる
●お金を払って不健康フードを食べて肥満しお金を払ってダイエットするという無益なパターンから解放される

↓特定の食物(小麦、乳製品)を除去すると精神疾患が改善する可能性があるという話しもあります。
●自閉症は精神療法や薬物治療は効かないが,牛乳・小麦の除去でよくなる
●牛乳と小麦を除去すると,自閉症などの発達障害は改善する
●牛乳のカゼインからできる麻薬様物質(カゾモルフィン)は,中枢神経系のセロトニン・ドーパミン・ノルエピネフリンレベルを抑制し,うつ病などを生じる可能性がある

↓またこんな話しもあります。
●成長と老化が逆行する(『人は食べなくても生きられる』山田鷹夫(著) )
要約すると右のような感じです。食べる=成長=老化=死に向かう:食べない=退行=若返る。

「小食、微食、断食」のメリットばかりご紹介してきましたがデメリットもあります。
●慣れるのに時間がかかる(なかなか慣れない。
●周囲に心配される
●誰かと食事に行くと少しやっかい
「小食、微食、断食」に慣れるのには1~2ヶ月くらいかかると書籍などでは言われています。私は1ヶ月ほどかかりました。
食事量や回数を減らすので家族や職場の同僚にとても心配をかけます。これをうまく話しをつなぐのに多少くろうしました。
人と会う時には食事の場であることが多いので、そのようなときには一時中断し、たまの楽しみとして食事を楽しむようにしていますが、身体が求めない食材に敏感になるので料理の種類選びが多少めんどうになるかもしれません。


「小食、微食、断食」の実践方法へつづく
「小食、微食、断食」否定派の意見へもどる

PR
 
 
 

Copyright © [ across the Fukusima 不食の時代 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]