忍者ブログ
放射性物質に対する最強メソッド
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小食、微食、断食の効果は以下のものが挙げられます。

空腹力』石原結實(著) によると、
「がん、抗がん、体温上昇、活動性が増す(消化に体力を使わないため)、肥満、高脂血症、糖尿、アトピー、不眠、だるさ、ボケ防止、短眠、精力増強、美肌、経済性、長寿」
に効果があると述べられています。

また、『朝食抜き!ときどき断食!』渡辺正(著) によると、
「糖尿、リウマチ、排泄機能が高まる→有害物質を排出、がん」
に効果があるとしています。

さらに断食療法の大家、甲田光雄氏によると効果は上記にくわえ、
「花粉症、冷え性、リウマチ、アトピー、白髪が黒髪に、円形脱毛、スタミナ増強」(著書『朝食を抜いたらこうなった』より)
に効果があるとしています。

その効果は幅広く上記の甲田氏の患者さんだった森美智代氏は著書『「食べること、やめました」―1日青汁1杯だけで元気に13年』のなかで脊髄小脳変性症という難病を断食で克服されたことを述べられています。

小食、微食、断食関連の書籍を開くとその効果は「万病に効く」といってよいほどの幅広さです。
例えば身近な病である風邪を例にすると、風邪を引くと食欲がなくなります。ここでふつうは体力をつけようとして無理にでも食べようとします。しかし小食、 微食、断食では「食欲が無ければ食べない」というスタンスでのぞみます。食欲が無いというのは身体が食物の消化吸収排泄よりも体調を整えることに注力した いという意思の表れととらえ断食、もしくは微食をよしとします。

「小食、微食、断食」とは健康、疾病治療を目的に、
・食べないこと
・身体の感覚に忠実になること
・心身の心地よさを頼りにすること
をすることと言えます。


放射性物質対策としての小食、微食、断食へつづく
放射性物質を含む食品への対処法へもどる

PR
 
 
 

Copyright © [ across the Fukusima 不食の時代 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]